札響メンバーによるアンサンブルコンサート ~弦楽四重奏曲の夕べ~

 

札幌交響楽団の名手による室内楽の演奏会です😊
コルンゴルトは映画音楽の分野でも活躍しましたが、今回演奏される弦楽四重奏第2番は数多ある弦楽四重奏の中でも白眉で、4楽章が心躍るどこか儚いワルツとなっております。戦争に翻弄されながら「モーツァルトの再来」、マーラーも「天才」と称したコルンゴルトの魅力が詰まった作品です。
そしてシューベルトの「死と乙女」は室内楽ファンにとってもはや説明はいらないでしょう。
同じロマン派でも1824年、1934年と2つの作品の間には約100年の幅がありますが、時代の移りゆく様を音楽で味わってみてはいかがでしょうか。
えぽあホールの素晴らしい音響と札響メンバーの演奏で師走の始まりを音楽で🎻多くの皆様のご来場お待ちしております。
●札響メンバーによるアンサンブルコンサート
 ~弦楽四重奏曲の夕べ~
と き:2022年12月1日(木)
    開演:19:00 開場:18:00
ところ:えぽあホール
曲目:
コルンゴルト/弦楽四重奏曲第2番変ホ長調作品26
シューベルト/弦楽四重奏曲第14番ニ短調D810「死と乙女」
入場料:一般指定席 2500円(当日3000円) U25指定席:1000円(25歳以下 当日も同)
チケット取扱い:えぽあホール、野幌公民館、中央公民館、市民会館、市民活動センターあい、道新プレイガイド、札幌市民交流プラザチケットセンター、ローソンチケット[Lコード:12091]
主催:NPO法人えべつ楽友協会 共催:江別市教育委員会
協賛:江別管工事業協同組合 プリモウイメンズクリニック
協力:北海道情報大学 情報メディア学部
お問合せ:☎︎090-7652-6065(事務局・小林)☎︎090-8900-4077(石川)