8月住宅セミナー 築30年の我が家 これから先の住まい方・暮らし方

講演: 「築30年の我が家 これから先の住まい方・暮らし方」 -住まいに老朽化、住み手の高齢化…問題はありますが…

大麻団地の造成から今年で50年を迎えます。建物は築後30年を過ぎると、次第に劣化が進み、暮らし的には40代で建てた家も、今では子どもも巣立って世帯構成が変わり、身体状況も変化するケースが多々あります。これからの人生設計を考えたとき、現在の住まいを、どのような形で維持・補修するのが良いのでしょうか。
終の棲家と考える、若い人と一緒に住みたいと考える、若い人に譲りたい・貸したいと考える等々、いろいろなケースを想定して、その留意点などを示していただきます。

 

 

会場:大麻東地区センター 大会議室(江別市大麻東町13-11)
対象:どなたでも御参加いただけます。(参加無料)
講師:東 道尾(ひがし みちお)氏
一級建築士事務所自然 主宰、(一財)北海道建築指導センター 住宅相談員
介護福祉士、総括設計専攻建築士(札幌市)
申込: 事前申込みは不要です。直接会場までお越しください。

 

主催 一般財団法人北海道建築指導センター

共催 江別市安心生活まちづくり推進事業運営協議会、江別市