平成25年協働のまちづくり活動支援選考会が終了しました。

平成25年協働のまちづくり活動支援選考会が6月8日江別市民活動センター・あいにて開催されました。

 
例年は江別市民会館で行っていましたが、今年度は市民活動センターが入っている大型商業施設での開催という初の試みとなりました。
 
 
今年度は6団体が応募しそれぞれの団体が申請した事業のプレゼンを行いました。
まずは、メディネット江別と江別観光ボランティアガイドの連携事業「我がまち江別を知ろう、知らせよう事業」
 
/
 
歴史・観光・名所旧跡等の江別市の良いところを全国及び江別市民に広く発信するという内容で、観光ボランティアガイドの活動状況の撮影や、やきもの市でのガイド風景、名所の紹介などをホームページへの掲載やDVDとして残し、江別市をPRするというものです。
 
 
続いて江別創造舎とのっぽろ七丁目放送局の連携事業「江別カルタで辿る江別物語」
 
/
 
江別カルタを活用した地域文化振興を行うという内容で、江別の歴史や文化を題材にしたカルタを使用して、第一回江別カルタ大会を開催し、大会をその様子をustreamによる生中継配信、録画をします。
さらに、江別カルタ48枚を題材にした動画「江別カルタで辿る江別物語」の作成をするというものです。
 
 
3番目は野幌ノルディックウォーキング「骨盤底筋体操&ノルディックウォーキング講習会」
 
/
 
冬でも外に出歩くことが楽しくなるようなノルディックウォーキングの講習を行い、高齢者の引きこもりの解消や地域の絆の強化につなげるという内容です。
骨盤底筋体操&ノルディックウォーキング講習会を計3回実施するというものです。
実際に使用するポールを使って実演してくれました。
 
 
4番目は子育て支援ワーカーズきらきら「子育て・子育ち応援「日曜親子ひろば」
 
/
 
地域の方々、他の市民活動団体等と連携して、家族が買い物ついでに気軽に遊べる場を提供する。商業施設の利点を活かして多様な遊びの場を提供すると共に、地域活動に興味を持ってもらうきっかけとする内容です。
きらきらさんは3年度目の事業で過去2年間の活動をベースに今年度は大型商業施設で日曜に親子ひろばを開催、昨年のイベント「きらきらたいむ」に参加してくれた団体とも一緒に活動するということです。
 
 
5番目はあおむし人形劇団と大麻沢町サンゴールド自治会の連携事業「一緒に人形劇を作って高齢者コミュニティを元気にしよう!」
 
/
 
自治会の方々と一緒に人形劇を作り、お互いが支えあえるような関係を構築するという内容です。
あおむし人形劇団が大麻沢町サンゴールド自治会の方々の人形劇制作を支援するという2年度目の事業で、昨年は自治会の方々が人形劇を作り発表会を行うところまで達成しました。今年度は男性の参加者もつのり新たな演目作りにも挑戦するとのことです。
自治会の方々が昨年作った人形劇の一部を披露してくれました。
 
 
最後は黒澤記念室内楽団「明日を担う江別の子ども達へ、市民の手で創る江別ジュニアオーケストラ!」
 
/
 
江別では子供達の音楽活動の場が少なく、江別を拠点としたジュニアオーケストラを作り、将来的には国内外のジュニアオーケストラとの交流を図りたいという内容で、計5回のヴァイオリン体験会の実施を行うというものです。
 
 
プレゼンの後には参加者によるコメントを記入してもらい、それに対して審査員が選び団体が解答する意見交換会を行いました。
 
/
 
選考委員の選考を元に、選考会を通過した団体は申請した事業を実施し、来年2月頃を予定する報告会にて実施した結果を報告してもらいます。