“子どもにやさしいまちづくり”を考える連続講座 第10回

2019年9月12日

日時:
2017年11月24日 @ 19時00分 – 21時00分
2017-11-24T19:00:00+09:00
2017-11-24T21:00:00+09:00
場所:
大麻公民館(えぽあ) 視聴覚室

子どものスマホ、便利だけど気になりませんか?
「電磁波」って、何ですか?
「香害」って、何ですか?

 海外では電磁波の研究も新聞、テレビなどでも紹介されていますが、日本ではほとんど報道されていません。電磁波過敏症患者の方々の声、スマートメーターや携帯電話基地局、学校無線LANなどの電磁波問題、海外の動きや最新の研究結果について学習します。電磁波や化学物質など、身体に影響を及ぼす電磁波過敏症や化学物質過敏症尾野発症者も増える一方です。さらにここ数年、洗剤等による臭いで体調不良を訴える人が増加しています。
 また、原発事故以降、再生可能エネルギーの取り組みがすすみ、求められる一方で、石狩市では世界でも例をみない多くの風車が建設予定となっており、超低周波音、低周波音などによる健康被害等の課題も指摘されています。
 最も影響を受けやすい子どもたちを守るためにみなさんと学習し考えてみましょう。

講師 加藤やす子 さん
 環境ジャーナリスト、いのち環境ネットワーク代表
参加費 300円(学生無料)
託児 子ども1人300円(定員あり、事前申し込み必要)

主催 生活クラブ地域連絡会(生活クラブ江別支部・子育て支援ワーカーズきらきら・たすけあいワーカーズふわっと・市民ネット江別)
協力 江別子どもたちの未来を考える会・江別こどもの環境を守る会