6月17日(土)と18日(日)に、第27回えべつ環境広場を開催します。


毎年6月の環境月間にあわせて開催している「えべつ環境広場」。27回目の今年のサブテーマは、「もっと、もっと、eライフ」。昨年の「もっとeライフ」に、「もっと」が一つ増えました!
「e」は、「えべつ(ebetsu)」の「e」だったり、エコ(eco)やエコロジー(ecology)、環境(environment)、経済(economy)、エネルギー(energy)、電気(electricity)、地球(earth)の「e」でもあります。
今年も、盛りだくさんの内容!ぜひご参加ください。

日時:2017年6月17日(土)午前10時~午後8時10分、6月18日(日)午前10時~午後4時30分
会場:江別市野幌公民館(江別市野幌町13-6)

6月17日のイベント
6月18日のイベント
江別市環境課からの案内

以下↓、いくつかピックアップしています!

6月17日(土)15時30分~17時10分
★無料映画上映「カレーライスを一から作る」
探検家・関野吉晴は、武蔵野美術大学で一風変わった課外ゼミ活動をしている。通称「関野ゼミ」。2015年に始めたのが、「カレーライスを一から作ってみる」という試み。野菜や米、肉、スパイスなどの材料をすべて一から育てるというこの途方もない計画に、学生たちと取り組んだ。この映画は、種植えからカレーライスが出来上がるまでの9か月間の記録である。(2016年 96分)

6月17日(土)17時20分~18時20分
★スペシャルトーク「江別の農村が創る未来と大規模農業の影響」
お話:小西穣さん(株式会社アグリ&コミュニティサポート総合研究所代表取締役)
「江別の食と農の特徴」、「食育の成果」、「江別の農村の取り組みと未来づくり」などをお話しいただきます。

6月17日(土)18時30分~20時10分
★無料映画上映「カレーライスを一から作る」

6月18日(日)9時30分~12時
★フラワーソン「5年に1度の全道一斉野の花調査」参加プログラム
野幌の花の開花状況を調査します。

6月18日(日)10時30分~11時50分
★江別オリジナルエクササイズ「E-リズム」体験会

6月18日(日)14時~16時
★eトーク「もっと、ずっと、eライフ~持続可能な江別を目指して~」
お話:清水誓幸さん(株式会社北翔)、橋本正彦さん(Community Hub 江別港)、林匡宏さん(NPO法人江別における持続可能なコモンズのためのしくみ)

他にも、いろいろなイベントが開催されます。

えべつ環境広場2017(6/17・18開催)の出展者を募集しています!

えべつ環境広場は、えべつ地球温暖化対策地域協議会が主催し、江別市が共催して、毎年6月に開催している環境イベントです。この環境広場は、市内で環境に関する活動を行っている団体が江別市と連携しながら、環境についての情報提供を行ったり、来場者と一緒に考えたりする場として1991年に始まり、今年で27回目を迎えます。ここまで続けて来ることができたのは、出展して下さる皆さま、来場して下さる方々、ご支援・ご協力してくださるたくさんの方々のおかげだと、感謝しています。

当初からのメインテーマ「見つめよう 江別の環境 奏でよう 緑のシンフォニー」に加えて、今年のサブテーマは「もっともっとeライフ」です。「e」は、「江別」「エコロジー」「エンバイロメント」「エネルギー」「エコノミー」「ESD」などなど、色々な意味が含まれます。昨年のテーマは「もっとeライフ」でしたので、今年は、さらに進めようというものです。
映画「カレーライフを一から作る」の上映や、パネルトーク「もっとずっとeライフ〜持続可能な江別をめざして」なども行う予定です。
2017年6月17日、18日、江別市野幌公民館で、私たちと一緒に、えべつ環境広場を創ってくださる方を募集しています。皆さんのご出展をお待ちしています!

*具体的には、パネル展示や講座、体験会などでの出展となります。
*詳細は、出展概要をご覧ください。
ebetsu-hiroba2017-bosyu(word)
ebetsu-hiroba2017-bosyu(PDF)
webからもお申し込みいただけます。

*申込締め切りは、広報えべつへの掲載分は5月1日迄、チラシのみ掲載分は5月12日までです。

【4月23日開催】教え方理論から学ぶ「教える・伝える」のツボ


ちゃんと教えたり、伝えたりしたつもりなのに、うまく伝わらずに、がっかりすることはありませんか?もっと上手に教えたり伝えたりできればいいなぁと思っていませんか?
そもそも上手く教えるとはどういうことでしょうか?
インストラクショナル・デザイン(授業設計理論)という考え方に基づいた「教えたり、伝えたりすることを、もっと効果的・効率的・魅力的にするためのツボ」を学びます。
【日時】2017年4月23日(日)午後1時30分~午後3時
【会場】江別市野幌公民館研修室3・4号(江別市野幌町13-6)
【講師】安部隆(あんばいたかし)さん(インストラクショナル・デザイナー)
【主な学習項目】
  ○教えるって何だろう?
  ○インストラクショナル・デザインとは?
  ○ゴールを明確にすべし
  ○テストやアンケートは最初に作るべし
  ○教え方のゴールデンルールを知るべし
  ○相手を惹きつけるプレゼンをすべし
【対象】もっと上手に教えたり、伝えたりしたいと思っている方
【定員】30名程度
【申込】381-1019(江別市環境課)
    info@ebetsu-earth.net
【主催】えべつ地球温暖化対策地域協議会、江別市

【2月18日開催】ウォームシェアイベント「みんなであったか、動いてあったか、E-リズム」

寒い日が続きますね。運動不足になりがちの冬。皆さんと一緒に、楽しく身体を動かしてみませんか?
江別市オリジナルリズムエクササイズE-リズムの体験のあと、省エネのお役立ちミニ知識も学べます。

講師:清水香菜美さん(E-リズム公認インストラクター)
   岡崎朱実さん(家庭の省エネエキスパート診断指導級)
参加費:無料
定員:20人(先着、受付は、2月7日~16日)
申込:381-1019(江別市環境課)、 info@ebetsu-earth.net
持ち物:動きやすい服装、運動靴、タオル、飲み物、筆記用具
主催:えべつ地球温暖化対策地域協議会、江別市

[10月1日開催]講演会「地球温暖化は解決できるのか?ーパリ協定から未来へ」

 豪雨や猛暑などの異常気象は、地球が温暖化している影響も関わって、より多く見られるようになっています。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された「パリ協定」は、気温上昇を温暖化の深刻な脅威を抑える上で必要なラインとされる「産業革命前から2度未満に抑えることを目標とし、国際社会全体で 温暖化対策に取り組むことを目的としています。
 アメリカは本当に温暖化対策頑張るの? 中国は? そして日本は? 11年間にわたって困難な国際交渉の現場を追い続け、「パリ協定」の歴史的な合意の瞬間にも立ち会ったWWFの気候変動オフィサー小西雅子さんに、温暖化交渉の裏話も含めて、お話しいただきます。「2℃未満」を達成する道を一緒に考えてみませんか。

[江別]2016年10月1日(土)18:30~20:10(開場/18:00)
    会場/江別市野幌公民館研修3・4号(江別市野幌町13-6)
    定員/50名(参加費無料・申込先着順)

*当日午後、札幌でも開催します。

[プログラム]
講演:「国際交渉の最前線を知るWWF気候変動オフィサーに聞く、
地球温暖化は、解決できるのか?ーパリ協定から未来へ」
 講師:小西 雅子さん
     (WWF(世界自然保護基金)ジャパン自然保護室室次長兼気候変動・エネルギープロジェクトリーダー、一般社団法人日本気象予報士会副会長)
質疑&ディスカッション

[お問合せ・お申込み]
 NPO法人北海道グリーンファンド
 TEL 011-280-1870 FAX 011-280-1871
 Email office@h-greenfund.jp
 ※お名前(ふりがな)、ご所属、電話番号、参加会場をお知らせください。
 ※メールの件名を「10/1  2℃未満の道 申込」としてください。
 以下からもお申し込みが可能です!
 詳細・申込

[申し込み期限] 9月30日(金)18:00

[主催] えべつ地球温暖化対策地域協議会、NPO法人北海道グリーンファンド
[後援] 北海道、公益財団法人北海道環境財団、環境省北海道環境パートナーシップオフィス
[協力] 札幌市、札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)、さっぽろ地球温暖化対策地域協議会、パンダクラブ北海道

☆詳しくはこちらをご覧ください