6月22日(土)23日(日)にえべつ環境広場2019を開催します!

第29回えべつ環境広場2019
~ 見つめよう 江別の環境 奏でよう 緑のシンフォニー ~
もっと、ずっと、eライフ

日時:6月22日(土) 10:00-20:00、6月23日(日) 10:00-16:00
場所:江別市野幌公民館(江別市野幌町13-6 JR野幌駅8分)
*会場には手話通訳者が待機し(10:00〜16:00)、トークイベントには、手話通訳・要約筆記者が付きます。

えべつ環境広場2019プログラム

2019子ども用チラシ(1)

2019子ども用チラシ(2)

〇無料映画上映会(22日)
『おだやかな革命』
・15:45-17:30 一回目上映
・17:40-約30分 家次敬介さん(有限会社三素)の自然エネルギーに関するスペシャルトーク
・18:15-20:00 2回目上映

〇今年もやります『スタンプラリー』
会場内で実施するイベントに参加してスタンプを集めると抽選でエコグッズなどが当たります。抽選会には「えべチュン」「環境忍者えこ之助」もやってくる!

〇ミニセミナー
「みんなで考えよう!海洋を汚染するプラスチックごみ」
WWFジャパンの資料の解説を通して、いっしょに考えてみませんか?
23日(日)10:30-12:00
情報提供:長屋貞夫さん(パンダクラブ北海道)

〇eトーク
『もっと、ずっと、eライフ ~持続可能な江別を目指して3~
防災・減災と3「エネ」(創エネ・蓄エネ・省エネ)』
23日(日)13:30-15:20
お話:大浦宏照さん(防災士)、菅野直人さん(江別市危機対策室)、家次敬介さん(身近なエネルギーの専門家)、岡崎朱実さん(家庭の省エネエキスパート)

主催:えべつ地球温暖化対策地域協議会
共催:江別市
後援:江別市教育委員会、北海道、(公財)北海道環境財団、環境省北海道環境パートナーシップオフィス

連絡先:江別市環境課
TEL:011-381-1019 http://ebetsu-earth.net/
詳しくは「えべつ地球」で検索!

[10月1日開催]講演会「地球温暖化は解決できるのか?ーパリ協定から未来へ」

 豪雨や猛暑などの異常気象は、地球が温暖化している影響も関わって、より多く見られるようになっています。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された「パリ協定」は、気温上昇を温暖化の深刻な脅威を抑える上で必要なラインとされる「産業革命前から2度未満に抑えることを目標とし、国際社会全体で 温暖化対策に取り組むことを目的としています。
 アメリカは本当に温暖化対策頑張るの? 中国は? そして日本は? 11年間にわたって困難な国際交渉の現場を追い続け、「パリ協定」の歴史的な合意の瞬間にも立ち会ったWWFの気候変動オフィサー小西雅子さんに、温暖化交渉の裏話も含めて、お話しいただきます。「2℃未満」を達成する道を一緒に考えてみませんか。

[江別]2016年10月1日(土)18:30~20:10(開場/18:00)
    会場/江別市野幌公民館研修3・4号(江別市野幌町13-6)
    定員/50名(参加費無料・申込先着順)

*当日午後、札幌でも開催します。

[プログラム]
講演:「国際交渉の最前線を知るWWF気候変動オフィサーに聞く、
地球温暖化は、解決できるのか?ーパリ協定から未来へ」
 講師:小西 雅子さん
     (WWF(世界自然保護基金)ジャパン自然保護室室次長兼気候変動・エネルギープロジェクトリーダー、一般社団法人日本気象予報士会副会長)
質疑&ディスカッション

[お問合せ・お申込み]
 NPO法人北海道グリーンファンド
 TEL 011-280-1870 FAX 011-280-1871
 Email office@h-greenfund.jp
 ※お名前(ふりがな)、ご所属、電話番号、参加会場をお知らせください。
 ※メールの件名を「10/1  2℃未満の道 申込」としてください。
 以下からもお申し込みが可能です!
 詳細・申込

[申し込み期限] 9月30日(金)18:00

[主催] えべつ地球温暖化対策地域協議会、NPO法人北海道グリーンファンド
[後援] 北海道、公益財団法人北海道環境財団、環境省北海道環境パートナーシップオフィス
[協力] 札幌市、札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)、さっぽろ地球温暖化対策地域協議会、パンダクラブ北海道

☆詳しくはこちらをご覧ください

キャンドルナイトin江別 −ミニライブとキャンドルのお話−

eciea candlenight

candlenight in ebetsu 2013

映画「世界一売れないミュージシャン」がヒットしブレイク寸前(?)の52才KAZUYAさんの歌と小樽のキャンドル作家米澤純さんの心温まるキャンドルトーク。

 

日時    6月22日(土)午後6時(開場)-8時30分
会場    江別グレシャムアンテナショップ(JR野幌駅より徒歩5分)
住所    江別市東野幌町3-3
定員    50名(要予約)
申込 HP「問い合わせ」から、candle_ebetsu@yahoo.co.jp
参加費    一般 1,500円、小中高校生 800円(いずれもワンドリンク付)

主催:江別市民国際交流協会
後援:江別市教育委員会
*収益金(一部を除く)と寄付金は「福島のこどもたちを守る会」に寄付いたします。

 

KAZUYAさん
90年代の札幌で 一部熱狂的なファンを獲得したバンド PHOOL(フール) のボーカルとして活躍したが、 10年間のバンド活動後、解散。 ソロに転身し札幌を中心に弾き語りで、地道な活動を続ける。その間、仕事は一度もせず理想の音楽探しに 明け暮れる日々。そんな中、彼のドキュメンタリー映画制作が決定し それに合わせ、ニューアルバム「それは、ほんの始まり」を緊急リリース。20年間、定職を持たずバイトもせず、ただ音楽だけに没頭した生き様から滲み出る 愛と希望と切なさの独特の世界観を持った歌詞と、Rockでキャッチーなメロディー。

米澤 純さん
米国のキャンドル作家・クラウディア サイムズ氏に師事。4度の渡米によりキャンドル制作を学ぶ。2008年暮れに、小樽にて制作工房「Candle Studio Jun’s Light」を立ち上げる。東北大震災の復興イベント「愛 祈り キャンドルナイト」に参画。復興モニュメントとなるテーマキャンドルを制作提供。札幌大丸百貨店、広島三越百貨店をはじめ、個展の開催やイベントへの作品提供など多数。
http://www.otaru-muse.com/junprofile.html