最近のキューバの市民生活ーなぜ大学や病院が無料なのか?ー 市民学習会

日付:11月6日(火)18:00~
場所:野幌公民館1F団体活動室

キューバ共和国はアメリカの南のカリブ海にある島国です。人口は約1200万人、面積は約11万平方キロで本州の半分ほどです。首都はハバナで、公用語はスペイン語、民族はヨーロッパ系25%、混血50%、アフリカ系25%と言われています。宗教も原則自由で、カトリックが主流のようです。日本からは遠いので、どんな国なのか余り知られていませんが、いまキューバ出身のダヤナさんが江別市に来ているので、この機会にお話を聞きたいと思います。
ダヤナさんは首都ハバナで育って、ハバナ大学・外国語学部で英語を専攻し、第2外国語として日本語を学習したので、日本語はペラペラです。2014年に新潟県上越市に留学し、9ヶ月の滞在経験があり、本日4月に再来日して、現在、江別市教育委員会に勤務しています。社会主義国キューバはどの様に変化し、人々はどの様に暮らしているか、じっくりと学習したいと思います。

※一般市民・学生の皆さんの出席を歓迎します。(参加申込み不要・無料)

主催 江別ユネスコ協会

お問合せ先◇江別ユネスコ協会事務局(教育委員会生涯学習課内・担当横山:381-1069)
続きを読む