カンボジア王国の魅力~その悠久の歴史と現在の市民生活~【文化講演会】

とき 2019年5月29日(水)18:30~20:00
ところ 野幌公民館1階・団体活動室
講師 ソサヴィ・チャハイさん(酪農学園大学大学院・博士課程在学)
料金 無料・申込み不要
一般市民・学生の皆さんの出席を歓迎します。
お問い合わせ 江別ユネスコ協会事務局(教育委員会・生涯学習課内)
011-381-1069

カンボジア王国は、インドシナ半島南部にある立憲君主国で、人口は約1610万人、面積は約18万1千平方キロ、民族はクメール人が90%。
いま日本ユネスコ協会連盟は、世界寺子屋運動の一環として、カンボジアの寺子屋活動を支援しており、とくに世界遺産のアンコールワットのあるシェムリアップ州に力を入れ、昨年はスラエン・スピカン村に17軒目の寺子屋を完成させました。貧困などで学校に行けない子供や大人の識字教育、復学指導、職業訓練など、ノンフォーマル教育を推進しています。
仏教遺跡をめぐりなど日本人の観光旅行は盛んですが、カンボジアの人々の生活の実情については、余りよく知られていません。今回の講演会では、この国の家庭生活や教育事情などについて、広く学習したいと思います。
続きを読む

マレーシア国サバ州の生物多様性と課題【江別ユネスコ協会学習会】

とき 2019年4月23日(火)18:00~20:00
ところ 野幌公民館1階・団体活動室
講師 立木 靖之さん(酪農学園大学准教授)
料金 無料・申込み不要
一般市民・学生の皆さんの出席を歓迎します。
お問い合わせ 江別ユネスコ協会事務局(教育委員会・生涯学習課内)
011-381-1069

マレーシア国ボルネオ島は、商業伐採と道路網拡張により、30年前には「地球上で最も手付かずの場所」だったのが、今や熱帯雨林の80%が伐採による深刻な打撃を受けています。オランウータン、ゾウ、ウンピョウ、テングザルなど絶滅危惧種が数多く生息し、生物多様性の危機に瀕しています。木材や紙、カップ麺・洗剤・石鹸の在庁になるパーム油など、日本や世界中の国がその伐採の恩恵を受けていることが、伐採が進むげんいんだとすれば、見過ごせない大問題です。この学習会で現地の実情を聞き、日本の私たちがその解決に協力出来ないか、考えたいと思います。
続きを読む