ファイバーリサイクル

ファイバーリサイクルとは、いらなくなった綿古着・古布を回収して、ウエス(※)として再利用することです。
(※ウエス…工業用ぞうきんのこと。工場での油の拭き取りや、家具の磨きなどに使われます)

現在日本では、フリーマーケットで利用されたり、中東に送られ再利用されている古着をのぞくと、衣料品のリサイクル率は、なんと10%程度しかありません。
残りは、埋め立てや焼却されている現状です。
一方、道内では旭川にこのウエス工場があるのですが、少し前まで原料となる古着・古布はすべて、本州から送ってくる状況だったそうです。
今、企業の努力で回収率は上昇してきているそうですが、まだ60%以上が本州からの輸入?に頼っているとのことです。もったいないですよね…。
そこで、フリマで売れ残ったり、家庭で眠っている古着・古布を、もう一度ウエスとして再利用しようと考えました。
他にも反毛等繊維のリサイクルの方法はいくつかあるのですが、まず出来るところからチャレンジしようと思います。
現在、回収しているものは綿50%以上の薄手の衣類・タオル・シーツなど。
洗濯した物をフリーマーケット会場にお持ちください。
「江別市民活動センター・あい」でも回収袋を常設しています。

みなさんのご協力、よろしくお願いします。

ファイバーリサイクル