印刷用 印刷用

「自然が教えてくれた地球温暖化の現状」講演会のご案内

「コラボのたね」に新規登録したNPO法人アース・ウィンドです。宜しくお願いします。
山岳と里山の環境保全を目的として2000年6月から活動しています。ボランティアが調査したデータを北大地球環境研究院「工藤岳」氏により解析されたここ数年の変化を報告する講演会のご案内です。みな様どうぞおいでください。
自然が教えてくれた地球温暖化の現状「温暖化変化予測積み上げデータの今」

地球温暖化は世界的な問題です。温暖化の影響は、高山などの寒冷地でいち早く表れます。高山植物の開花状況を、長期にわたって定点観測することで、影響度を測る事ができます。温暖化により生物多様性はどう変わるでしょうか。大雪山の高山植物開花状況調査を長年続けた報告をします。また国内の生物多様性の現状について環境省生物多様性センターから経過報告を頂きます。
チラシはこちらをご覧ください。(チラシ
「高山生態系調査」については,こちらのページで詳しく記載しています。
第1部
・高山植物の開花状況報告
北大地球環境研究院准教授 工藤岳
・気になる温暖化の現実 温暖化と生物多様性の今
環境省自然環境局生物多様性センター 河本 晋資
第2部
・エコライフの話
えべつ地球温暖化対策協議会  岡崎朱実
2013年3月23日(土)午後1時~4時 (開場12:30)
場所:野幌公民館 当日受付、無料   定員80名
問合せ  FAX011-389-9445  携帯090-7645-7199
yokosuka@e-wind.org
http://e-wind.org/cn6/pg60.html

コメントは受け付けていません。